【徹底比較】サラリーマンとフリーランスを比較?どっちか迷う方への考え方。

スポンサーリンク
社会人の考え方
スポンサーリンク

こんばんは、takasun(@2019tksn)です!

本日の記事では、サラリーマンよりフリーランス?どっちか迷う方への考え方。と題してお話していきます。

以下の読者様を想定しております。

・サラリーマンはもう疲れた。楽しくない。好きを仕事にしたい。
・今は個の時代。フリーランスになって自由な生き方をしたい!
・サラリーマン辞めようかな。フリーランスになろうかな。どうしよう。

ブログやYouTube等を見ていると、脱サラをして好きなことして生きていく人が増えたように思えます。

実際に、収益を得る方法は多角化しており、何も会社員として生きていくことだけが正解ではありません。
自由に時間が使えてストレスもなさそうなフリーランスに憧れるなんて方も多いでしょう!

しかし、会社員は会社員でたくさんのメリットがあります。
インフルエンサーの発言を信用し会社を辞める決断をする前に、本当にそれでいいか一歩立ち止まって考えてみてください!

※私はフリーランス経験がないため意見が偏っているかもしれません。ご了承ください。

スポンサーリンク

サラリーマンよりフリーランス?どっちか迷う方への考え方。

冒頭でも書きましたが、数多くのインフルエンサーの方々は「サラリーマンはよくない。フリーランスになって好きなことをして生きていこう!」と声高々に主張しています。

実際にその言葉を受けて、フリーランスとして生きていきたいと感じた方も多いでしょう。
いっそのこと会社なんてやめて、独立してみよう・・・と。

しかし、私が思うに、0か1で判断する必要はないと思います。

つまり、会社員として働きながら好きなことをして生きていくことも可能ではないでしょうか?
その考え方について深掘りしていきます!

0か1ではなく0.5という考え方

以前、このようなツイートをしました。

有名なインフルエンサーの方々がフリーランスを推す理由は、会社員としての安定は崩れているからです。
実際に、大手企業でも大規模リストラが始まっており、経団連も終身雇用は難しい発言をしました。

トヨタ自動車の豊田社長も、同様な発言をしており、新卒一括採用にも難色を示し始めています。
もう大企業に入社できれば一生安泰だという時代は終わりました。

とはいうものの、やはりまだ会社員の方が安定しています。
時間は拘束されますが、毎月給料も入ります。安定以外の何物でもないでしょう。

しかし、いつまでも安定ということはやはりありません。
そのため、個人として稼ぐ能力も同時に養っておかないといざというときに苦労するかもしれません。

そこで、私は0か1ではなく、0.5という働き方を提案します。

両立して軌道に乗ってから独立でも遅くない

0.5とは、つまり会社員をしながらフリーランスとして好きなことをするという生き方です。

0 → サラリーマンとして生きていく!
1 → フリーランスとして生きていく!
0.5 → サラリーマンをしながらフリーランスもして生きていく!

何もどちらかを選ぶ必要はありません。
時間管理の仕方次第では、両立が可能です。

少なくとも私はこのブログで少しではありますが稼いでいます。

稼ぎ方はブログだけではありません。

副業で検索してみるといくつかあります。
YouTubeも稼ぎやすいですね。クラウドワークスなどを使えば自分の得意でお金が稼げます。

どうせフリーランスになるのであれば、会社員をしながら行動し、それが軌道に乗ってから退職するのも遅くないのではないでしょうか。

会社員を続けながら行動することに対して深掘りした記事もあります!
 

安定に軸足を置き挑戦する日々

私は今社会人2年目という立場で、日々会社員として過ごしながら副業にも力を入れています。
今のところ、給料も毎月もらえており、福利厚生の恩恵も得ることができています。

言ってしまえば「安定」した状態です。

何度も言いますが、この安定が一生続くとは限らないので、今のうちに安定に軸足を置きながら、ブログやYouTubeなどやりたいことにチャレンジしております。
会社員として働いて寝てを繰り返す変わり映えのない日々では充実感は得られません!

何か新しいことを始めてみるのも大事です!
 

サラリーマンからフリーランスになることで失うもの/得られるもの

ここまでは、これからの働き方について話してきました。

サラリーマンをやめてフリーランスになる!
と強い心で考えている方もいらっしゃると思います。

熱意が強ければその考え方でも後悔はしないでしょうから是非自分の道で頑張ってください!

しかし、少しでも迷いがあるのであれば、お互いのメリデメを理解しておくことが大事です。
それを分かったうえでフリーランスになれば絶対に後悔することはないでしょう。

  • 失:安定した給料と社会的な信頼性
  • 得:自由時間

失うもの:安定した給料と社会的な信頼性

真っ先に考えられる失うものは「安定した給料」と「社会的な信頼性」です。

給料は言わずもがなです。
ある程度、会社に従って仕事を行えば必ず給料は入ってきます。

しかし、社会的な信頼性はやはり会社員のほうが強いです。

特にローンを組むときに必要になってきます。
車を購入するときや家を購入するときなど、人生には大きな選択に迫られることがあると思います。
もちろん、人によっては必要ないこともあるかもしれませんが。

私は以前、車を購入したとき問題なくローンが組めました。これは若くても会社という後ろ盾があったためだと思います。

しかし、フリーランスをしている私の友人はローンが組めずに車の購入を諦めてしまいました。
もちろん、フリーランスとして結果を出していれば問題はありませんが、会社員と比較すると少しだけ苦労する点もあるかもしれません。

得るもの:自由時間

個人的にはこれが一番大きいと思いますが、フリーランスは自由時間が得られます。

会社員は7時に起床、人によっては満員電車で体力を消耗しながら出勤し、夜遅くまで残業してを5日間繰り返すわけです。
楽しいのは土日だけで、それが終わるとまた1週間が始まる・・・。

これは悲観的に書いてしまいましたが、自分の時間が制限されることが分かるかと思います。

フリーランスでは、自分で仕事時間を決められます。
調子のいいときは長時間やったり、気分が乗らない時は短時間で切り上げたりと自由度が高いです。

自分の時間を生きるという意味ではフリーランスとして活動した方が人生の幸福度は上がるかもしれません。

もちろんどちらもメリットはある

この記事では、フリーランスになろうと決意している方に向けて、一歩立ち止まって考えることも大事というスタンスで話してきました。
0.5という考え方で、会社員として安定しながら挑戦していく人生も楽しいです。

0.5の働き方をすれば、お互いのメリットを享受することができます。
会社員として給料や信頼性を確保しながら、副業で自分の時間を生きる。素晴らしいですね。

皆さんも0か1かという考え方ではなく、0.5の考え方をしてみてください!

常にこの考え方を持っていると、物事の本質が見えてくるかもしれません!では!