社会人こそ勉強を習慣にするべき理由【おすすめの勉強も紹介】

スポンサーリンク
社会人の考え方
スポンサーリンク

こんばんは、takasunです。

takasun
takasun

自動車業界でソフトウェアエンジニアをしつつ副業でブログを書いています!
若手会社員や大学生の方々に向けた情報発信をしています!

本日の記事では、社会人こそ勉強を習慣にするべき理由と題してお話していきます!

日々仕事に追われながら忙しい時間を過ごしている中で、勉強する時間なんてない!そもそも何を勉強すればいいのか分からない!と思っている方も少なくないでしょう。
しかしながらも、時間を自ら確保して自己研鑽をすることは、今後の社会人生活で有利に働くことは事実です。

社会人が勉強するべき理由、また、何を勉強するのか、この記事読んでそのヒントになれば幸いです!

それではいってみましょう!

スポンサーリンク

社会人こそ勉強を習慣にするべき理由

早速ですが、皆さんは毎日勉強することを習慣化できていますでしょうか。
かくいう筆者の私も勉強の継続はできているものの、毎日やれているかというとそうではありません。

ここでは、まず社会人が勉強しなければならない理由、勉強することで得られるメリットをご紹介していきます!

社会人の7割は勉強していない

リクルートワークス研究所「全国就業実態パネル調査2018」によれば、昨年1年間に、自分の意志で、仕事にかかわる知識や技術の向上のための取り組み(例えば、本を読む、詳しい人に話を聞く、自分で勉強をする、など)をした雇用者の割合は、33.1%という数字になったそうです。つまり7割弱の人が学ぶ習慣を持っていないということです。

引用:東洋経済

東洋経済の記事を一部抜粋しましたが、社会人の約7割が自ら進んで勉強を行うという習慣がついていないということです。
このデータ驚きですよね。

また、社会人の勉強時間の平均は6分というデータも出てきています。
ここからも、いかに日本人の社会人が勉強していないということが分かります。

ただ、最近はYouTubeなどの身近な媒体でも学びやすい環境があるので、割合はもっと上がってきているのではないかと個人的には思います!

勉強量は年収にも結び付く

日本人の多くは勉強していないことが分かりましたが、次に勉強量と年収との相関関係に注目してみたいと思います。
勉強する時間が多ければ多いほど仕事の成果も残せる確率が上がるのは言うまでもありませんね。

【1週間あたりの勉強時間】

2000万円以上
0時間→30.7%
7時間以上→18.0%

500万以下
0時間→56.0%
7時間以上→5.3%

引用:PRESIDENT ONLINE

勉強時間に大きな差が表れています。
やはり年収が多い人ほど、自ら勉強時間を確保しているということでしょう。

忙しい忙しいと残業をし、家に帰るとYouTubeやぼーっとしているのでは、この差を埋めることはできませんね。
私も精進しようと感じました・・・!

私たちは何を勉強するべきか

さて、勉強しなければいけないことはよくわかりました。
そのうえで私たちはどんな勉強をしていく必要があるのでしょうか。

極端に言ってしまえば、興味があること、自分が楽しいと思える勉強に時間を割くのがいいです!
そうはいっても・・・という方に向けて3つ提案します!

  • 仕事に直結するスキル
  • 教養
  • 副業

勉強は大きく分けてこの3つにカテゴライズされると考えます。
他には資格の勉強も考えられますかね。今回は取り上げませんが、それも十分素敵な勉強だと思います!

仕事に直結するスキル

まず一つ目はあなたの仕事に直結するスキルです。

営業職・・・営業を多く取れる方法をビジネス書で勉強
プログラマー・・・最新のIT動向やプログラミングスキル向上の為の勉強

冒頭で述べた「年収に直結する」という意味では、これが一番近いのではないでしょうか。
あなたが仕事で困っていることをビジネス書やネットを通して勉強してみることです。
仕事にも役に立ちますし、一生使えるスキルになること間違いなしです!

もうひとつは「英語の勉強」です。
仕事柄不要な方もいるかもしれませんが、英語を話せるに越したことはないですよね。
私も仕事で英語を使う機会が増えてきたので、今では英語の勉強をしています!

ただ、オンライン英会話やスクールに通うことはハードルが高いと思います。
そこで挫折するくらいなら、まずは小さく継続することが大事だと考えています。

小中学生の英語を自然と話せるレベルにまで持っていく下記の教材がオススメです!
スラスラ話せるレベルまで勉強すると、英語学習へのモチベーションアップに繋がること間違いなしです!

教養

生きていく上で必須になるスキルのひとつに教養があります。
こちらは、直接は仕事に結びつかないかもしれませんが、長い人生必ず役に立つ場面が増えると思います。

私の中でオススメな本をご紹介します!

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

ベストセラーにもなっているので、ご存知の方も多いと思います!
1日1ページ読み進めていけば1年経つ頃には教養の達人になっているはずです!

10分もあれば読み切れる内容なのでオススメです。本当に積み重ねが重要になってきますね。

図解 身近にあふれる「物理」が3時間でわかる本

私も最近読み始めた本です。
身近にある現象と物理を紐づけて簡単に分かりやすく解説された本となります。

非常に分かりやすく楽しく読み進めていけるところが良いですね!

電子レンジの仕組みなど、知っていて損はない内容を学ぶことができます!
いつ使うか分かりませんが、楽しむという意味でもどうぞ!

図解 社会人の基本 敬語・話し方大全

教養の一つに敬語がありますね。
社会人になったものの、「言葉遣いに自信がない・・・」と思ったことありませんか?

打ち合わせはもちろん、メールのひとつ書き上げるのにもこの敬語は適切なのか。
と余計な時間を費やした経験はありませんか?

一度正しい敬語や話し方を学んでおくと、今後の生活が楽になるかもしれません!

副業

最後は副業のオススメです。
本業の勉強も大事ですが、今の時代会社だけに頼る生き方は不安ですよね。

個人としてのスキルを身に付け、最悪一人でも生きていけるような力を身に付ける必要があると思います!
そこで簡単にですが、私がおすすめする3つの副業をご紹介していきます!

ブログ

メリット
・自分の考えや読書のアウトプットの場になる

デメリット
・WORDPRESSはお金がかかる、初心者はあまり稼げない

私もアウトプットの場として利用しています。
こちらも、アフィリエイト等で稼ぐのは簡単なことではありません。
初心者の内はなかなか稼げずにコスパが悪いと感じることも多々あります。

今回「勉強」の観点から考えると、ブログも自分の考えや読書のアウトプットの場としては最適です。
自分の成長にも直結するので、お金ありきではないという方にはオススメです!

プログラミング

メリット
・論理的思考力が付くし今の時代は必須のスキル

デメリット
・案件受注までに時間がかかる

義務教育にプログラミング学習が必須となっている現代、ITスキルやプログラミングスキルはあって当たり前です。
自ら大規模なコードを書ける必要はないかもしれませんが、世の中がどのような言語やコードで作られているかは学ぶべきですね。

自ら手を動かしていくと、その大変さが分かります。
「ソフトウェアだからすぐ直せるよね?」という考え方がいかに現場に寄り添えていないかが分かります!!

YouTube

メリット
・広告収入で大きく稼げるチャンスがある

デメリット
・収益化まで道が長い

最後はみんなが大好きなYouTubeを取り上げてみました。
YouTubeで誰かのコンテンツに時間を消耗するよりは、自分が消耗させる側になりましょう

収益化までは大変道が長いです。挫折することも多いと思います。
ただ、その後のリターンを考えると挑戦しない理由がないです!

素人でも参入するカテゴリさえ間違えなければまだまだチャンスはあります!是非一緒に頑張りましょう!

まとめ

本日の記事では、社会人こそ勉強を習慣にするべき理由と題してお話してきました!

日本人の勉強時間が少ないということは、裏を返せば勉強さえすればトップ数%に食い込める可能性があるということです!
必ず勉強した内容はなんらかの形で仕事に結びつきます。

その日の為に小さなことをコツコツと積み重ねていきましょう!

それでは!