【平均いくら?】社会人1年目こそ貯金をするべき2つの理由

スポンサーリンク
社会人勉強
スポンサーリンク

こんばんは、takasunです!

本日の記事では、社会人1年目こそ貯金をするべき2つの理由をお話していこうと思います!

この記事ではこんな悩みを解消します!

男性
男性
今年から新社会人!
自己投資に遊びにいっぱいお金が必要になりそうだなぁ。
社会人1年目ってどのくらい貯金を貯めればいいんだろう・・・。

悩みますよね。大学生時代のアルバイトと違って、社会人になるともらえる給料は多くなります。
どのくらい貯金すればいいかは誰しもが悩むことではないでしょうか。

もちろん貯金するに越したことはありませんが、せっかく若く遊び盛りなのだからいっぱい使いたいと思うでしょう。
また、自分自身を高めるために自己投資に使いたいとも思うでしょう。

私の持論を述べさせていただくと、「社会人1年目だからこそ貯金をするべき」だと考えています。その理由をお話していきますね!

ではいってみよう!
あなたはどっち派「貯金する派?しない派?」

スポンサーリンク

社会人1年目の貯金の実情

私は今年の4月から社会人2年目となりましたが、私が社会人1年目の頃は貯金を100万円ほど貯めました
意識的にコツコツ貯めたというわけではありませんでしたが、もともと支出がそこまで多くなかったのが要因かなと思っています。

ちなみに、1年目の貯金額の相場は以下のようです。(マイナビ調べ)

第1位 0円……86人(20.7%)
第2位 50万円……56人(13.5%)
第3位 10万円……47人(11.3%)
第4位 30万円……42人(10.1%)
第5位 100万円……36人(8.7%)

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2016年3月
調査人数:社会人男女415人(男性206人、女性209人)

「え、0はやばすぎでしょ、いないでしょこんな人。」
と思うかもしれませんが、実際結構多いです!
私の周りの2割程度はこんな状況です。

もらった給料はその月のクレジット払いで消えるという負のスパイラルに陥っています。
かわいそうに。。

私は50万~100万の間なので、第2位に入りますね。
まぁ、よくいる新入社員だったという感じでしょうか。

社会人1年目は「貯金」するべきか「遊びや自己投資」するべきか

ここは意見が分かれるところでしょう。
私の結論としては、「貯金をするべき」です。理由は後述します。

とはいうものの、私の本音は、1年目は貯金しつつ遊びつつが一番かと思います。

「いや、どっちやねん」というツッコミが聞こえてきますが、この両者のバランスをうまく保つことが最も重要ではないでしょうか。

もちろん、200万も300万も若いうちから貯めろとは思いません。
しかし、100万程度であれば支出を意識的に抑えるだけで到達可能な範囲だと思います。

それを、毎月の給料がクレカで全部飛んでいくような生活では、今後絶対損をするため、見直した方が吉です!

一方で、貯金をそこそこに遊びや自己投資に力を入れるのはとても大事です。

理由は、どうせ年を取るにつれて給料は増えるわけなので自然と貯金は貯まりやすくなります。
しかし、「若く遊び盛り」という年代は今しかありません
年を取るにつれて、そういった遊びも元気もなくなってしまうかもしれませんからね。。

「お金」を「経験」に変えることは今しかできないでしょう。
数多の経験はその人を魅力的にしますからね。

ここからは、貯金することと、遊びや投資にお金を使うことについての考えを述べていきます!

【貯金】私が100万円貯金した理由

一番意識していた点は、「支出を少なくすること」です。

主にしたことは以下です。

  1. 合コン・飲み会に参加する回数を減らす
  2. 毎日の飲み物・お菓子を買う回数を減らす
  3. Amazonで「欲しい!」と思っても翌日考え直す

これらを断るのはノリが悪いと思われるかもしれませんので要注意です!!

なんだかんだ一回一万円程度飛んでいるのに気づき無駄だなと感じました。
その場は楽しいかもしれませんが、お金の面でいうとリスクが大きすぎますね。

また、毎日飲み物・お菓子を買うのを控えるのも効果はあります。
私はお茶を毎日会社内のコンビニで購入していましたが、水筒に変えました。
お菓子も含めて1日で300円かかるとすると、毎日買い続けると月に6000円の出費となります。
塵も積もれば山となるとはこのことでしょうね・・・。

こんな細かいことまで気にするのもどうかと思いますが、やはり貯金をするには支出の規模をしっかりと把握することが大切だと思われます。

最後にAmazonの例ですが、すぐさま購入をクリックするのはやめたほうがいいと思います!
後から本当に必要だったかと考えることが多かったため、私は考え方を改めました。
一度カートや欲しいものリストに追加し、翌日本当に必要かどうか考えてみるといいと思います!

【遊び・自己投資】遊ぶのも立派な自己投資

今だからこそできることにお金を使うのも十分大切です。

若いうちにいろいろお金を使ってする経験は、非常に有益だと思います。
私も、初めての経験には躊躇わずお金を使うことにしています。自己投資だと思って!

学生時代ではできなかったことも今ではできます。
美味しいものを食べる、学生時代には行けなかったお店に行く・・・など!

今しかできないことを楽しむためにお金を使うと人生が豊かになると思います。
たまにいますよね。やけにおいしいお店や、大人のお店に詳しい人。

それを話題に友人や上司と話せるというのは、遊びや自己投資にお金を使った対価かもしれません。

以上が、貯金か遊び・自己投資についての私の持論でした。

バランスが大事といいながら、結論としては「貯金」をするべきだと考えています。
貯金をするべき理由について、次の章から触れていきます。

貯金すべき理由1.貯金額は安心感・心の余裕に繋がるから

人生何が起こるか分かりません。

突然入院することや、何かがあって会社を辞めなければならなくなるかもしれません。
また、結婚や車・家の購入など、人生のターニングポイントではまとまったお金が必要になります。

そういうときに貯金額がある程度貯まっていると、安心感や心の余裕にも繋がります。

もし、貯金額0の状況で、職を失った場合を考えるとぞっとします。
将来を見越してある程度のお金をためておくことは大事ではないでしょうか。

貯金すべき理由2.今貯められない人は今後も貯められないかもしれないから

学生のアルバイトとは打って変わり、その倍程度の給料が社会人には入ってきます。
更にボーナスももらえるとなると、生活は一変します。

学生時代で思い出してみてほしいのが、貯金ができていない人はアルバイトで得た収入の多くを何かしらに使ってしまっています。
そのような人は同様に、社会人になって得た収入の多くも使ってしまっているのです。

何が言いたいかと言うと、得た収入分何かにお金を使ってしまう人は、今後給料が増えても、その分何かにお金を使ってしまうようになるリスクがあるのです。

収入に従って支出も大きくなるので、結局お金はたまらないという結論ですね。

そのような浪費癖がある人にとって、貯金をすることはしんどくなります。
今の内から意識的に数万円だけでも貯金をすることを考えないと、きっと社会人5年目あたりになっても貯金はわずかしかたまっていない可能性が見えます・・・。

今の内から徐々に貯めていく生き方を身に着ける必要があるかもしれません。
そうでなければ、理由1のところの安心感や心の余裕は得られないでしょう。。

まとめ

以上です!
本日の記事では、社会人1年目こそ貯金をするべき2つの理由というお話をしてきました。

要は、今後何が起こるか分からないという不安を、貯金額で軽減できるということです。

もちろん、貯金ばかりでなく、自分が本当に必要だと思うことにはお金を使うべきでしょう!

個人的な話になりますが、私はこのブログを運営するのに1万円弱のお金をかけています(笑)
これも今しかできない自己投資と自分では考えています!

貯金をする第一歩として、自分自身の収入と支出を把握することから始めましょう。
支出を無理なく切り詰めて、心の余裕を手に入れていきましょう!

では!