『「朝30分」を続けなさい!』感想!人生を変えるシンプルなたった一つの方法!

スポンサーリンク
オススメ本の紹介
スポンサーリンク

こんばんは、takasunです!

takasun
takasun

自動車業界でソフトウェアエンジニアをしつつ副業でブログを書いています!
若手会社員や大学生の方々に向けた情報発信をしています!

本日の記事は、古市幸雄さん著『「朝30分」を続けなさい!』の感想についてお話していきます!

内容の要約だけでなく、明日からのアクションへと繋げられるような構成でお伝えしていきます!

本記事を読むメリット
本当に今自分が取り組むべきことが分かる。
朝30分早起きするメリットが分かる
・『「朝30分」を続けなさい!』の要約・内容が分かる。

想定読者
・新入社員の方々
・仕事がうまくいっていない方々
・何かに向かって努力したい方々
・日々の時間管理を見つめなおしたい方々

それでは早速いってみましょう!

新入社員の方々にはこちらの本もオススメ!

スポンサーリンク

「朝30分」を続けなさい 感想!

まず私がこちらの本を手に取った理由は、「朝30分」という言葉に惹かれたからです。
結果を残している経営者の方々は朝早く起きて仕事に取り組んでいるという話は知っているものの、実際自分に当てはめてみるとギリギリの時間に起きて支度をして出かけるという生活を送っていました。

更に夜は残業をして帰宅し、YouTubeやテレビを眺めて夜遅くに就寝。そんな生活でした・・・。

共感して下さる方もいるかもしれませんが、平日は仕事だけで精一杯、休日は遊ぶことで精一杯で自己研鑽の時間が取れていないことに改めて気が付きました。

そこで、自分の生活を見直す意味も込めて、本書を手に取り「朝30分」で自分を変える方法を知りたいと思ったのです。

10秒で分かる書籍紹介

めちゃくちゃ簡単に言うと「特別な方法なんてない。やれ。」ってことが一貫して書かれています!

こんな特別な勉強をすれば出世して人生うまくいきます!というスペシャルな方法を求めている方は読まないことをオススメします。
恐らく時間の無駄になると思います。本当に「特別な方法なんてない。やれ。」が全てです(笑)

10秒で分かる書籍の読了時間や著者のプロフィール

読了時間:およそ2時間
ページ数:216ページ

著者:古市幸雄

日本の能力開発の第一人者。
20~40代のビジネスパーソンに向けて、以下のサービスを提供

・勉強教材の販売
・セミナーの開催
・メルマガの発行
・自己啓発、英語、ファイナンス、ファッションなど多岐に亘る情報の発信

◆ビジネスのポリシー
分かりやすく、かつ具体的に解説する

書籍の簡単なまとめ

繰り返しになりますが、「特別な方法なんてない。やれ。」です。本当に。

当たり前ですが、人と差別化する能力を身に着けるには、他人と同じことをやっていても意味がありません。
他人よりも時間を確保して自己研鑽することこそが、他人と差をつける唯一の方法なのです。

また、本書は下記の7章で構成されており、その中にも「朝勉強1~59」のトピックに分かれています。
ひとつひとつのトピックは短いものになっているので、非常に読みやすい本だと思います。

第1章 当たり前のことを続ける人が勝つ!
第2章 絶対的効果が出る朝勉強のススメ
第3章 成功する人はこの勉強法をやっている
第4章 朝勉強を続けるための仕組みづくり
第5章 人生の段階別・勉強時間
第6章 運を開く勉強法・考え方
第7章 自己啓発の落とし穴

誰もが知っている「原点」に戻させてくれる本

毎章繰り返していますが、「特別な方法なんてない。やれ。」が全てです。
人はどうしても楽な方に流されてしまいますよね。あなたも以下のような生活をしていませんか?

朝ギリギリの時間に起きて出勤
→夜遅くまで残業し、くたくたになって帰宅
→YouTubeやテレビを眺める
→夜遅くに就寝

冒頭でも書きましたが、これが私の最近の生活でした(笑)
言ってしまえばデフレスパイラルですね。負の方向へ落ちていく一方です。

このような生活をしながら、危機感を覚えている方も多いのではないでしょうか。
(この記事を読んでくださっている方にはいないかもですが、いても危機感凄いと思いますが、、)

頭で良くないと分かっていても、なかなか難しいですよね。

特別なノウハウなんてない、実践した者のみ成長する

ここまでの話を聞いて、「じゃあ、どうすれば早起きできるの?特別な方法教えてよ!」と思うわけですが、
残念ながらこの本にその答え、画期的な方法なんてありません。
というよりも、それを求めている時点でダメなのです。期待してはいけません。

本書ではよく、サッカーや野球に例えた話をしています。

イチローや中村俊輔などの超一流アスリートは一朝一夕であの能力を得たのか?
答えは「NO」ですね。日々の小さな積み重ねで、一流へと成長していくのです。
才能という安っぽい言葉で片づけてはいけません。小さな努力の積み重ねが重要です。

ここまで聞くと「そんなこと知ってるよ」と思うかもしれません。
しかし、「あなたはできていますか?」と言われると・・・うん。となってしまいますよね。

大事なことは「当たり前のことを反復すること」です。

自分の生活を見直し「朝30分」だけ早く起きると人生が変わる

では、その中でもどうして「朝30分」早く起きて自己研鑽するのでしょうか。

それは、下記の方程式に基づいていると本書では述べています。

勉強の成果 = 教材・サービスの質 × 集中力 × 時間(2乗) + 過去の蓄積

成長するには、これらの要素が入り混じっています。
ここで注目するべきことは「過去の蓄積」が小さいものであることと、「時間」が大きいものであることです。

「あの分野はあの人が詳しいから越えられないな」と思うのではなく、時間をかければかけるほど近づく、または追い越せるということです。
更に本書では、朝勉強と夜勉強を比較すると、朝勉強のほうが密度が濃い時間を過ごせると書かれています。

それもその通りで、自分だけの時間、疲れもなく頭がスッキリした状態である朝の方が何事に取り組むにも有効ですよね。
よく言われるのが邪魔が入らないからとか、誘惑がないからとか。

朝早く起きて勉強するのが効率が良いということは、皆さんも頭の中で理解しているかと思います。

何を勉強すればいいのか

ここまでで朝30分でも勉強したほうがいい理由はお分かりいただけたかと思います。
とはいうものの、何を勉強すればいいか分からないというのが次に来る疑問かと思います。

もちろん、やるべきことが明確に見えている方はそれに愚直に取り組むのみです!
日々積み重ねていくだけですね。いたってシンプルです。

それがいまいち浮かばない方に向けて、以下の3つの切り口で本書では説明してありました。

1.自分が働いている業界/業種/業務の勉強

まずは、自分が勤めている会社で出世していく道です。
会社の中で成果を上げるには、その業界や業種、業務の理解が必要になると言えます。

営業の場合 → 自社の商品や他社の商品を比較しセールスポイントを学ぶ
開発の場合 → 技術的な勉強をする

一概にこのふたつに分けられるわけではありませんが、一例としてはこのようになると思います。
出世することが目的かは分かりませんが、仕事に結びつくスキルを向上させる勉強は大事ですよね。
その都度覚えようとするのではなく、分からないと感じたところはすぐさま調べて知識を日々積み重ねていくイメージです。

いずれ点と点が線となって、見えていない部分が見えてくるのではないでしょうか。

2.年収を上げることに結び付く勉強

こちらは副業も頑張って成果を出していく道です。

副業に限りませんが、転職や市場価値の向上を考えている方はこちらの勉強をする必要があります。

・プログラミングの勉強
・投資や株、お金の勉強
・ブログや副業の勉強

本業に密接に絡むかは一旦置いておいて、自分を高めるために必要だと判断した勉強を進めるということですね。
こちらも、時間を確保しなければ成果は出ないので、朝の30分でも小さく積み重ねていくことが大事でしょう。

3.英語の勉強

最後は英語です。
仕事に絡むかどうかは別ですが、英語を話せるようになりたいというのは日本人全員の夢でしょう。
これを朝の時間を利用して叶えていきましょうという話です。

・勉強はフレーズと状況をセットで覚える
・口に出して反復する
・いろいろな文章を作ってみる

本書では、割と具体的な英語勉強法が書かれています。
朝30分を毎日続けることで、確実にそのスキルは上がっていきます。やはり継続ですね。

目的がなければ早起きは出来ない

長々と話してきましたが、早起きへのモチベーションは上がりましたか?
最後に注意点として、決して「早く起きること」が目的とならないように注意してください。
その場合はたいてい睡魔に負けて二度寝を繰り返してしまいます。

あくまで、「目的ありきの早起き」です。

また、早起きで小さく積み重ねていると不安になる時期が必ずきます。
本当に実力がついているのか分からない。途中経過が分からないなど。特に英語の勉強が顕著ですよね。

本書ではこれを水に例えています。面白い表現だったのでここでも抜粋しようと思います。

水は100°を越えると急激に気体になる。そこに中間地点はなく途中経過を見ることはできない。

成果は指数関数のように急に伸びてきます。そこまであきらめずに小さく積み重ねていく忍耐力も必要ですね。

まとめ

本日の記事は、古市幸雄さん著『「朝30分」を続けなさい!』の感想についてお話してきました。

特別な方法を期待されていた方々は申し訳ありません。あまり有益な情報がなかったかも?しれないです。
それでも本書を読むと、積み重ねや習慣の力がいかに大事かを実感できます。
更に、早起きを活用することで、その精度を高め、早く高みに近づくと。

ライバルたちが寝ている時間を活用して、人生を変えていきましょう!!

ありがとうございました!!