【日曜日の夜がうつで眠れない】3年目会社員の私が意識している過ごし方4選

スポンサーリンク
社会人の考え方
スポンサーリンク

こんばんは、takasunです!

takasun
takasun

自動車業界でソフトウェアエンジニアをしつつ副業でブログを書いています!
若手会社員や大学生の方々に向けた情報発信をしています!

本日の記事では、【日曜日の夜が憂鬱】会社員の私が意識している過ごし方3選についてお話していきたいと思います!

記事の内容
日曜日の夜が憂鬱な社会人の方々に向けて、少しでも気分が楽になる方法を紹介します!

想定読者
月曜日が憂鬱な人類全ての人々

本記事を読むメリット
・少しでも憂鬱を紛らわす方法を紹介します!
気持ちが楽になり月曜日を迎えることが出来ます!

それでは行きましょう!

スポンサーリンク

会社員の私が意識している過ごし方3選

まずは最初に、私が意識している過ごし方3選を紹介していきます!

1.好きなことに没頭する
2.モチベーション動画を見てテンションを上げる
3.「運動→風呂→サウナ→水風呂→夜風に当たる」で整い快眠する
4.新しいことにチャレンジする

この3選には少々偏りがあるかもしれませんが・・・。
あくまで私が意識していることでございます。

一度騙されたと思って取り組んでいただけたら幸いです!

1.好きなことに没頭する

一番シンプルな方法ですが、時間が忘れてしまうほど好きなことに没頭することです。
正直これがベストだと思います。

・読書や勉強
・プログラミング
・映画や動画を見る
・ギターやドラムの練習をする

どんなことでも構いません。自分が心から楽しいことに取り組むことです。

日曜日が憂鬱だと感じてしまう理由は、考える暇があるからです。
ふとしたときに「あー、明日から仕事だ、嫌だ」と胃がキリキリする感覚が襲ってくるわけですね。怖い怖い。

だれしもそりゃ休日に比べれば平日は嫌ですよね。だったらもう考えないことがベストです。考えても変わりませんしね。

だからこそ自分が好きなことに思いっきり時間をかけてやり切りましょう!
そして考える間もなく目覚ましをかけて寝ましょう!それだけでも憂鬱な気持ちを取っ払うことができます!

2.モチベーション動画を見てテンションを上げる

私は普段暇なときはYouTubeを見ることが多いのですが、YouTubeの中には本当にいろいろな動画が詰まっています。
私がこの記事を書こうと思ったきっかけをくれたのは樺沢紫苑さんの「日曜日の夜の憂鬱さを消す方法」のようなタイトルの動画でした!

このように、いろいろ探してみると、モチベーションを上げてくれる動画に出会うことが出来ます。

DJ社長

【好きなことで、生きていく】『レペゼン地球-DJ社長-』

1000万再生近くされている超モチベ動画です。きっと見たことがある人も多いでしょう!

レペゼン地球というDJグループ?のリーダーことDJ社長さんの今までの生き方を語っている動画です。

一見、ふざけた人がふざけたことを語っている動画に見えますが、内容が非常に素晴らしいです。

特に、以下の話が印象的でした。

遠くに行った方が勝ちという闘いがあったとして、
ダメな人はすぐさま自転車に乗って走り始める。
成功する人は一度立ち止まって、バイトをしてお金を貯めて原付を買って走り始める。

いつの日か自転車は原付に抜かれてしまいます。
自転車で一生懸命努力して徹夜でこいでも、アクセルふかすだけで楽して原付は追い抜いてしまいます。

これも人生と同じで、努力する方向を間違えてはいけないことを教えてくれます

こちらの話でもきっとモチベーションアップに繋がるでしょう!

UVERworld『PRAYING RUN』

UVERworld 『PRAYING RUN』

私の完全な趣味で申し訳ありません。
UVERworldのこちらの曲は数冊の自己啓発本を読むよりもモチベーションを上げてくれます(とコメントにも書いてあります。。)

歌詞も具体的で直球。暑苦しいほど前向きですが、あなたの心にもきっと刺さるでしょう。

意味があるのかないのか 結果が出るか出ないか
もっかいやっても無駄か 全部やって確かめりゃいいだろう

頭の中で考えて諦めるよりも行動に移すことの大切さを教えてくれます。
実際に仕事の中でも、「やめとこう」と思うことは多々ありますが、「もしやったらどうなるのかな」と前向きに確かめる機会が増えた気がします。

努力をせずに夢が叶った人と 努力をしても叶わなかった人
たとえ僕は叶わない人だとしても この足を止めはしないだろう

いつか誰もが驚くような奇跡が この身に起きたとしても
きっと僕だけは驚きはしないだろう 起こるべき奇跡が起きただけさ

努力が大切とはよく言われますが、全ての努力が叶うとは限りません。
しかし、成功している人の多くは須らく努力をしています。

例え無駄だと言われても自分で決めたことを諦めずに継続し続ける。
そのように諦めない人にのみ奇跡は降ってきます。

このように、行動のための小さな一歩を共に踏み出してくれるような、後ろから優しく押してくれるような気がします。
ここまで心を揺さぶってくれた歌は他にありませんでした。

これ以上語ると大変なことになるので、新たに記事にします!いつか!!

3.「運動→風呂→サウナ→水風呂→夜風に当たる」で整い快眠する

個人差があるかもしれませんが日曜日の夜に「整う」と月曜日へのやる気が上がります!

「整う」とは

サウナ→水風呂→夜風に当たるを繰り返すことで、
酸素が脳を駆け巡り極限までリラックスすること

極限に天国にまで昇ったような頭が気持ちよくグラグラする一種の合法麻薬のような・・・。
そんな気分を味わわせてくれます。

日曜日の夕方から数kmランニングなどの簡単な運動を行い汗をかき、風呂に行って整いましょう!

血行の巡りもよくなり、その夜は本当にぐっすり眠ることが出来ます。
月曜日の朝を気持ちよく迎えられること間違いありません!ぜひ!

4.新しいことにチャレンジする

休日が充実していると、満足感を抱きながら月曜日を迎えることが出来ます。
その休日の充実に寄与するのが「新しいことにチャレンジすること」です。

今まで時間がなくてできなかったことや、興味があるけどやっていなかったことをやってみましょう!
どうせ、月曜日を考えて憂鬱な気分でいるくらいなら、時間を使って新しいことをやりましょうよ!

私が、個人的にチャレンジして楽しかったことを具体例として挙げてみます!

・おもちゃの電子ドラムセットで練習
・YouTubeに動画を投稿
・パクチー食べる
・ヒッチハイカーを乗せてみる
・バチェラージャパンを見る
・混ぜそばを作る

などなど、自分がワクワクすることに挑戦してみましょう!
自然と会話のネタも増えますし、周りに発信していると「好奇心旺盛で面白いやつ」と思われます!

休日も充実するし、自然と会社での居心地もよくなり次第に憂鬱さが消えていくと思います!

意外と走り出せば平気なもの

日曜日の夜と月曜日の朝はすごい憂鬱ですよね。分かります。めちゃくちゃ分かります。
「月曜日の仕事が楽しくて楽しくて仕方ない!」という一部の人間は除いて。まぁ、そのような人がこの記事に辿りつくことはないと思いますが(笑)

私は学生時代もそうでしたが、特に社会人になってからは強く感じます。

とは言うものの、月曜日や火曜日、水曜日の夜は日曜日ほどの憂鬱さを感じないと思います。

ランニングと一緒で、走り出すときが一番つらい。しかし走ってしまえばあとは案外楽だったりします。
(このたとえ適切ではないかもしれませんが・・・笑)

一番つらいのは日曜日だけ。月曜日出社さえしてしまえば、またいつもの一週間が始まります!
今回紹介した方法で是非憂鬱な日曜日を乗り越えてみてください!!

まとめ

本日の記事では、【日曜日の夜が憂鬱】会社員の私が意識している過ごし方3選についてお話してきました。

今回紹介した方法を試しつつ、ぜひ憂鬱な日曜日の夜、月曜日の朝を乗り越えて、楽しく仕事していきましょう!
では!