内定の量産は無駄!内定7社取った私が思う3つのコト

就活考え方

こんばんは、takasunです!

本日の記事は、「内定の量産は時間の無駄」内定7社取った私が思う3つのコトについて話していきます!

この記事ではこんなふうに悩んでいる人の参考になれば幸いです!

男性
男性
祈られてばかりで内定が取れない。
第一志望の会社に受かるか不安になってきた・・・。

不安になる気持ちは分かりますが、安心してください。
前提として、内定をいくつももらったとしても入社できる会社は1社しかありません。
なので、内定を集めることに生きがいを見出すよりも、希望する1社に照準を絞ったほうがいいです!

とまで言うと、

男性
男性
いやいや、その1社に落ちたときの保険として他の会社を受けるんでしょ。現実的に考えて内定を多くとってその中から行きたい企業を選ぶべきだよ。

と思われると思います。確かにその通りですが、単純に内定を量産するだけでは意味がありません。
結論として、「内定が出てからいつまで待ってくれるか」という点を意識し内定を増やす必要があります。

ここまでのお話を含めて、この記事では以下の流れに沿っていきます!

知ってる企業を片っ端から受けるのは効率が悪く無駄が多いです。
第一志望を狙いながらも理解のある滑り止めの内定をもらうことのほうが重要になってきます。
詳細は以下でお話しますね!

1.そもそも入社できる会社は1社

1社

前提として、そもそも入社できる会社は1社のみです。
はい、今めちゃくちゃ当たり前のことを言いました(笑)

早い人では既に内定が出ているかもしれません。
一方で今の時点で何社もお祈りされてしまった方もいると思います。

しかし、そういうときこそ思い返してください。
「いくら内定をもらっても入社できる会社は1つしかない」のです。

内定が多いに越したことはありませんが、内定が出ないからといって焦る必要もないと思います。
そこでいちいち消耗していたら身体も心も持ちません。

気持ちを切り替えて就活に臨みましょう。
何事もそうですが、諦めないこと腐らないことが重要です。

また、たとえ第一志望の会社に内定をもらえなかったとしても、日本には数多くの会社があります。
他の企業をすぐさま探しましょう。
その行動力の速さが就活では非常に重要となってきます。へこんでいる時間は無駄だと考えましょう。

更に、第一志望に入ったからといって本当にやりたい仕事に就けるかは分かりません。
それよりも第二志望で本当にやりたい仕事をできたほうが人生が華やかになりますよね。

就活はどうしてもメンタルが削られ自分が否定された気分になってしまいます。
しかし、そういうときこそ「入社できる会社は1社のみ」を思い出してめげずに頑張ってください!

2.滑り止め企業はよく検討するべき

検討

1つ目では、まず就活を進める上で重要なマインドセットについてお話しました。

今回の2つ目では実践的、というか現実味を帯びた話をしていきます。
それは「滑り止め企業はよく考えて選ぶべき」ということです。
単純に「二番目に行きたい企業だから」という理由で選ぶべきではありません。

「第一志望の会社を受ける上で本当に滑り止めとなりうるか」という点に着目してください。
意外と、滑り止めにならない企業が多くあることに気付くと思います。

少し分かりにくい言い回しだったため例を出します!
例えば以下の例で考えてみましょう。

・第一志望の会社の内定は6/1以降しか出ない
・第二志望の会社の内定は5/20に出る
・しかし第二志望の会社は7日間しか待ってくれない

そもそも、第二志望の会社としては「今すぐウチに決めて就活を終えてほしい」という思いで内定を出します。
恐らくその企業も、出したくても内定を出せなかった学生を多く抱えているはずです。

そこで、「第一志望の会社の結果が出るまで待ってください」と話したら、大体の企業は「それなら他の優秀な学生を取るのであなたは取りません」となってしまいます。
あなたが本当に優秀な学生であれば話は変わりますけどね!

先程の例に似た状況を経験する方々はきっとこれから増えると思います!
第二志望を滑り止めにしていても、第一志望の結果が出るまで待ってくれないのであれば受ける意味はありません。

しかし、「就活に疲弊して正直どこでもいい」、「内定が出たらそこに行く」というメンタルであれば、第二志望に内定が決まった時点でそこに決めれば問題ないと思います。
そういう意味では滑り止めとして設定しておいても問題ありませんね。

しかし第一志望に対して強い意志があるのであれば、滑り止め企業の検討は非常に重要です。
その企業は本当にあなたを待ってくれますか?

ここで私の体験談ですが、私の第一志望の会社は6/1以降しか結果が出ませんでした。
しかし、他の会社で4月頭に内定が出た企業があります。
当然、待ってくれませんでした。

非常に悩みその時点で就活を終えても良かったと思います。
しかし、第一志望に強い憧れというか魅力を感じていたので、渋々内定辞退をした思い出があります。

ダメ元で6月以降まで待ってくれませんか?とお願いしましたが、即却下されました。
「他にも優秀な学生がいるのでご縁なかったですね。」という悲しい結末が待っていました・・・。

純粋にその企業にかけた時間やお金は無駄なものとなってしまいました。
面接の経験や内定を得た自信は残りましたが、なんか結果としては悲しいですよね。。

3.「内定を取るゲーム」になっているならば時間の無駄

ゲーム

これも私が実際に感じたことです。
2つ目で述べたように、滑り止め企業は検討する必要があるからです。

第一志望が結果を出すまで待ってくれないという企業。
そんな企業の内定はいくつあっても意味がありません。
そんなものを確保するより、第一志望への対策に力を入れるべきだと思います。

私は内定7社とりましたが、実際に第一志望の結果が出るまで待ってくれた企業は2社しかありません
よって残りの4社は「ただの面接練習」で終わりました。

あんなに業界研究・企業研究・ウェブテストに時間を費やして内定をもらっても、第一志望の結果が出るまで待ってくれなければ無駄な努力で終わってしまいます。

今振り返ると、「内定7社」という響きは非常に気持ちがいいですが時間の無駄だったなと思います。
正直自分でも、「内定を取るゲーム」と化してしたことは否めません。
友人と内定の数で競っていましたが、今思えばこんな無駄な話ありませんよね。

あるセミナーでも、「就活はゲームじゃない。内定を何個も取ればいい話ではない」とありました。
今思い返してみると正論中の正論でぐうの音も出ません。

今、「名前を知っている」、「単純に行ってみたい」という安直な理由で企業をたくさん受けている人は考え直すといいかもしれません。
そんなに時間を使ってまで受けるべきかどうか。

まとめ

本日の記事では、内定の量産は無駄!内定7社取った私が思う3つのコトという話をしてきました。

1.そもそも入社できる会社は1社
2.滑り止め企業はよく検討するべき
3.「内定を取るゲーム」になっているならば時間の無駄

という流れで話してきました。

結論を端的に言うと、「第一志望の結果を待ってくれる企業を滑り止めとして受けるべき」ということです。

こればかりは、面接が進んでいく中で言葉を選びながら質問をしてみるか、先輩やキャリアセンターからの情報を得て検討してみるかしか方法はないかもしれません。

そのあたりに関しても需要がありそうでしたら記事を書こうと思います!

コメント