【NG行為】面接で失敗する人の特徴3選!【内定が出ない理由とは】

ES・面接

こんばんは、takasunです!

本日の記事では、面接で失敗する人の特徴についてお話していきます!

この記事では、こんな悩みを解消します!

就活生
就活生
面接がなかなか通過しない・・・。
ESの内容には自信があるのに面接官にうまく伝わらないのだろうか。
なにか意識すべき点があるに違いない・・・。

ありますよ、意識すべき点!
話す内容以前に、意識すべき点をとことん意識して減点を避けて内定をGETしたいところですね!

結論として、面接がなかなかうまくいかない人は以下の特徴があると思います。

1.自分の言葉で伝えるのが苦手
2.「言葉(会話)のキャッチボール」を意識できていない
3.「熱意」が伝わっていない

これらを掘り下げていきます。

また、今回の面接における意識すべきポイントは、新卒生が行う就活だけでなく、転職活動やアルバイトなどにも応用がきくと思いますので、少しでも気になった方は最後まで目を通していただけると嬉しいです!!

受かるための裏技やテクニックというわけではありませんが、就活またはその先社会人になってからも通用する方法だと思います。
今回紹介する方法を少し意識して臨むだけでも、面接官へのイメージは大きく変わってきますよ!

自分の言葉で伝えるのが苦手

自分の言葉で伝える

面接がうまくいかない人の特徴1点目は、「自分の言葉で伝えるのが苦手」ということです。
単純に、自分の言葉で伝えるように意識しましょう!

話をしている時点で自分の言葉で伝えていることに変わりはありませんが・・・(笑)
ESと一言一句同じことを話すのはよくありませんという話です。

具体的には以下の方法を意識するとよいでしょう。

1.暗記で話さないようにする
2.身振り手振りも踏まえる

これらの方法を取り入れるだけでも、面接官から見た印象は大きく変わるでしょう。

暗記で話さないようにする

できれば伝えたい内容や構成だけ頭に入れておいて、その場で考えながら話す習慣をつけましょう!
練習量が伝わるような淡々とした話し方より、要点だけを押さえその場で考えながら話す方が気持ちが伝わります。
面接において淡々と話すことはNGですよ!

また、考えながら話すことのメリットは、その後の質問にも同じテンションで対応できるということです。

練習量が伝わる淡々とした話し方では、突然予期せぬ質問がきたとき、黙ってしまったりおどおどしてしまったりと印象が異なって見えます。
「やっぱり練習してきたことしかできないのか」とマイナス印象を与えてしまいます。

しかし、常に考えながら話す習慣をつけておけば、その考えて話すテンションで何かしらの返答ができるようになります。
頭が考えるモードになってるからだと思います。淡々と話すということは思考停止モードです。

身振り手振りも踏まえる

また、ここで、身振り手振りを踏まえながら話すように心がけましょう。
自分の意見や気持ちを真っすぐに相手に伝えようと努力していることが分かります。

面接官側も、自分の言葉でしっかり伝えようとしてくれていることを汲み取ってくれると思います。

あと、身振り手振りがあると説得力も増しますよね。
スティーブジョブズなんかも歩きながら大袈裟に手動かしてプレゼンしています。
淡々とし話してる人よりは印象がよくなること間違いなしです!

「言葉(会話)のキャッチボール」を意識できていない

キャッチボール

これは意外と盲点になりがちですが、面接といえど会話です!
会話はキャッチボールが大切です。
聞かれたことに正確に簡潔に端的に答えるようにしましょう!

言葉のキャッチボールができていない人の特徴として、「聞かれていないことを一方的に話し続ける」ことが挙げられます。

質問に答える際は、何を聞かれたのか、何を答えればいいのかを考えてしっかり話すようにしましょう。
いらないことまで話し続けると、面接官も飽きてしまいます。

例えば、「入社してから何がしたいですか?」という質問には、「○○がしたいです。」と端的に答え「それはどうしてですか?」という質問が来てから話を始めましょう。

しかし、「○○がしたいです、それは××という理由からです」と長々と答えてしまうと、会話のリズムが悪くなってしまいます。
そこまで聞いてないんだけどなー、長いなーとうんざりした顔をされてしまうかもしれません・・・。

もちろん、「入社してからしたいことを2分程度で話してください」というような質問に対しては、話の構成を意識して話せば問題ありません!
ただ、通常の会話では結論だけを端的に伝えることができれば問題ないのではと思います。

「簡潔に聞かれたことに答える力」は面接だけでなく、組織で働く上でもとても大事です。
今の内から意識できると今後強いです!

「熱意」が伝わっていない

熱意

面接はあくまで人と人の会話がメインです。
精神論のような話になってしまいますが、人の心を動かすにはやはり「熱意」が非常に重要です。

「絶対に内定をもらってこの企業で働きたい!」という気持ちを伝えましょう!
もうなんなら、「熱意あります!」とストレートに伝えてしまってもいいかもしれません(笑)

私は面接で「御社への熱意をお話させていただいてもよろしいでしょうか」と申し出たことがあります。
正直、言う側としては「うわ、暑苦しいやつだと思われそうだな」と思いがちですが、大体ここまでハッキリガツガツいくと、「元気あるね~」「いいね~」と思ってもらえることが多いです。

特に、新卒採用の場合、候補者の間にそこまで大きな差はありません。
もちろん、即戦力採用などは別ですが。。

似たもの同士の中で、最後に何が決定打になるかといえば、やはり「熱意」です。
私も就活生のとき、大学OBのリクルーターさんに、熱意を全面に出していけと教わりました。
その結果が内定につながったと感じています!損はないので熱意を出していきましょう!

まとめ

本日の記事では面接で失敗する人の特徴をお話しました。
これらをまとめると以下になります!

1.自分の言葉で伝えるのが苦手
2.「言葉(会話)のキャッチボール」を意識できていない
3.「熱意」が伝わっていない

質問には簡潔に答えつつ、常に身振り手振りを踏まえて考えながら話すこと。
そして最後は熱意を伝えることができれば、合格はぐっと近くなると思います!

どれだけ内容がよくてもこの基本的なことができていなければ、一緒に働きたいとは思われないでしょう。
面接は自分がいかに有能かを自慢する場所という考えではなく、人柄をみられていると思ってください。

「一緒に働きたい人柄」かどうかは、このようなマナーから見られることが多いです。
自慢話はESに書き込み、面接は会話を意識しましょう!

面接頑張ってください!!

コメント