【時間をかける意味なし】「ITパスポート」に合格しても就活は有利にならない!

スポンサーリンク
社会人の考え方
スポンサーリンク

こんばんは、takasunです。

takasun
takasun

自動車業界でソフトウェアエンジニアをしつつ副業でブログを書いています!
若手会社員や大学生の方々に向けた情報発信をしています!

本日の記事では、「ITパスポート」に合格しても就活は有利にならない!と題してお話していきます!

タイトルでは、就活生にターゲットを絞っていますが、もちろん「ITパスポート」合格を考えている全ての方々に有益な情報となっています!

記事の内容
・「ITパスポート」に合格しても就活に意味がない理由を説明します。

想定読者
・就活でIT企業への就職目指している文系・理系の方々
・「ITパスポート」合格に興味がある方々

本記事を読むメリット
・「ITパスポート」合格が就活には有利でない理由が分かる

私も学生時代に「ITパスポート」を受けて合格することができました。
しかし、結果的に「ITパスポート」が効いて就活が有利になったと感じたことはありませんでした・・・。

その理由についてお話していこうと思います!

いきましょう!

スポンサーリンク

ITパスポートに合格しても就活は有利にならない!

ITパスポートを何のための取るか、目的は何かによりますが、単純に「就活に有利になる」という考えで勉強を始めるのは間違っていると思います。
実際に私も就活に有利になるだろうという考え方から、学生時代に「ITパスポート」「基本情報技術者試験」を受け無事合格しました。

しかし、就活ではITパスポートはおろか、基本情報技術者試験ですらアピールの対象にはなりませんでした。

そもそも、資格欄に書いていても触れられる機会はほとんどありませんでした。
あまり有名でない企業からは「この資格持ってるのすごいね!」と褒められることはありましたが・・・。

少なくとも就活に有利になるだろうという考え方はあまり賢いやり方とはいえないでしょう。

ITパスポートの合格が無意味と考えられる3つの理由

それでは私の経験談も踏まえて、合格が無意味と考えられる理由を3つ挙げてみます。

1.時間・お金をかけてまで取得するメリットはない

国家資格といえば響きはいいですよね。
国から認められた資格を持っている、というだけで優越感にも浸ることができます。

国家資格というだけあって、勉強に時間をかける必要があり、受験するためのお金も必要になります。
その投資は、本当に今のあなたに見合っているでしょうか。

冒頭でもご説明したように、資格を持っているというだけでは就活で見向きもされません。
褒められることも、スキルを証明する材料にもなりません。

一度考え直す機会を作ってみていただきたいです。

2.基本情報技術者試験以上でないと有利にはならない

自分のITスキルを証明することが目的である場合は、せめて基本情報技術者試験の合格を目指しましょう。
こちらは、ITパスポートと比較すると難易度も高く合格率も高くありません。
並大抵の勉強では合格することができないので、スキルの証明には役立つ場面があるかと思います。

とは言うものの、私が就活のときに受けた企業ではほとんど役に立つことはありませんでした。
以前の記事でも書いていますが、就活で話が出る場合は取得したことに対する結果ではなく、取得までの困難やどう乗り越えたかを問われることが多かったです。
要は資格があることが重要なのではなく、資格を取得するまでの過程が重要になってくるのです。

3.ITスキルのアピールには別の方法がいい

ここまでで資格を持っているだけがスキルの証明にはならないということをお話してきました。
就活でITスキルをアピールするには、別の方法を考えたほうがいいでしょう。

私がアピールに使った材料は、オリジナリティのある成果物について話すことでした。

・WEBスクレイピングでITに関するニュースを自動で取得するツールを作りました
・ディープラーニングで数字を識別するプログラムを作りました

などの方がよっぽどスキルの証明になるはずです。
そこにチームで協力して作った話などもあると、アピールするには十分な情報になるのではないでしょうか。

今挙げたものは、関連する教材も多くホットな技術なので、たくさんの時間を割けずに作ることができます!
スキルを証明する材料が欲しい方は是非とも取り組んでみてはいかがでしょうか!

更に入社した後も必ず役に立ちますよ!

ITパスポートを取得するメリット

これまでは頭ごなしに否定をしてしまいましたが、もちろんデメリットだけではありません。
ITパスポートを取得する意味やメリットはもちろんあります。
ただ、目的次第では遠回りや意味のない結果になってしまうという注意喚起でした。

ここからは取得するメリットについてお話します。
目的と合致している場合は、むしろ今から勉強を始めて合格を目指していきましょう!

IT系初心者の方にはステップアップとして有効!

ITスキルのレベルにもよりますが、これまでIT系に触れたことがないという方には入門としておすすめです!
文系からSEなどIT系の会社を志望するのであればステップアップにはもってこいでしょう!

ストラテジ系(経営全般):35問程度
マネジメント系(IT管理):20問程度
テクノロジ系(IT技術):45問程度

さすがは国家試験ということもあり、試験内容は体系的なものになっています。
技術に偏ってもいけないし、マネジメントや経営の知識も必要になってきます。
IT系への入門としては十分な内容ですね。

また、私がオススメする教材は下記です!
何事も文字だけでは理解ができないと思うので、イメージが十分に使われたものが取っ掛かりには十分だと思います!

もちろんこの一冊で不安と言う場合は、ネット上に過去問なども落ちているので、そちらをご活用ください!
まずは体系的な知識をインプットし、それを使って過去問に挑みましょう!

その過程に意味がある!

結果というよりはむしろ過程に意味があります。
基本情報技術者試験のところでもお話しましたが、「合格しましたよ!」というアピールではなく、
「文系からITに興味を持ち自分なりに知識をつけるためにまずはITパスポートを受けました、そして合格しました」などストーリーがあると就活で語るネタにはなると思います!
そのときの課題や乗り越え方も一緒に話せると、常に勉強して最新知識をキャッチアップしなければいけないIT業界に最適な人材だと認められるでしょう!

決して合格をゴールにせず、その先にあるものをしっかり考えてから勉強に臨むようにするといいかなーと思います!

まとめ

本日の記事では、「ITパスポート」に合格しても就活は有利にならない!と題してお話してきました。

資格の取得には明確な理由が必要です。就活に有利になるから・・・という理由での取得はおすすめできません。
その場合はオリジナリティあふれるソフトなどの開発に時間を費やすようにしてください!

もう一度、自分がこの資格を取得する目的をしっかり認識し、意味のある時間にしていきましょう!

それでは!