『インプット大全』感想!アウトプット前提で質の高いインプットを!

スポンサーリンク
オススメ本の紹介
スポンサーリンク

こんばんは、takasunです!

takasun
takasun

自動車業界でソフトウェアエンジニアをしつつ副業でブログを書いています!
若手会社員や大学生の方々に向けた情報発信をしています!

本日の記事は、樺沢紫苑さん著『インプット大全』の感想についてお話していきます!

アウトプットの名人でもある樺沢紫苑さん。精度の高いアウトプットをするにはもっと精度の高いインプットが必要となります。
アウトプットの達人はどのようなことを意識してインプットをしているか、この本一冊にまとまっております!

内容の要約だけでなく、今日からのアクションへと繋げられるような構成でお伝えしていきます!

本記事を読むメリット
・インプット大全の要約が分かる!
・質の高いインプットができる!
・時間の無駄を防ぐことが出来る!

想定読者
・読書やYouTubeでインプットをしているが身に付かない方々
・インプットの方法に自信がない方々

スポンサーリンク

『インプット大全』感想!アウトプット前提で質の高いインプットを!

脳内を変えるのはインプット、現実を変えるのはアウトプット

これは「アウトプット大全」での著者樺沢紫苑さんの言葉です。
>> 【アウトプット大全書評】ノウハウコレクターになるな!実践して現実を変えよう!

質の高いアウトプットに繋げるための「質の高いインプット」について本書で紹介されています。

著者「樺沢紫苑」さんはアウトプットの達人

アウトプットの達人といえば響きが良いですが、具体的にはどのようなアウトプットをしているのでしょうか。

・メルマガ、毎日発行13年
・YouTube、毎日更新5年
・毎日3時間以上の執筆11年

びっくり仰天です。
YouTubeにも1日2本ほど動画をあげています。また、その内容も非常に有意義なのでYouTubeも是非ご覧になってください。

80個のノウハウを大公開!

本書は7つのチャプターに分かれており、それぞれのチャプターにつき10個程度のノウハウが詰め込まれています。
まずは自分が気になる、不足しているところから読んでいくのがオススメです!

1ページ見開きでノウハウが詰め込まれており、非常に理解しやすい構成となっております。

・インプットの基本法則(RULES)
・科学的に記憶に残る本の読み方(READ)
・学びの理解が深まる話の聞き方(LISTEN)
・すべてを自己成長に変えるものの見方(WATCH)
・最短で最大効率のインターネット活用術(INTERNET)
・あらゆる能力を引き出す最強の学び方(LEARN)
・インプット力を飛躍させる方法<応用編>(ADVANCED)

簡単に読み進めることが出来るので、2時間もあれば読了できるレベルかと思います!
読んでいて楽しいので気付いたら読み終わっちゃっています!

インプットする際に気を付けるコト

これまでは全体の構成についてお話してきましたが、ここからは実際にインプットを始める前に気を付けることをまとめていきます。
むやみやたらにインプットをすればいいというわけでは決してありません!

次のことを意識した上でインプットをするのと、なんとなくするのとでは、全然違います!

質の高いインプットをするメリット

本書では1ページ目からびっくりする内容が書かれています。
「インプットの97%は無駄!?」という言葉です。

ある実験結果が引用されており、

「ここ1週間、インターネットで見た情報を可能な限り思い出してください。」
その結果、平均で3.9個しか思い出すことができなかった。

1日に20個の情報に触れていると仮定すると、1週間で140個。
にも拘わらず、そのうち記憶に残っている情報は平均4個あたりと、3%程度しかないのです。

受け身のインプットは頭に残らずただの時間の無駄となってしまっています。

良かれと思ってスマートニュースを見ている私としては驚きの内容でした。
朝なんとなく眺めているニュースも、平均して4個くらいしか言えないのだろう、と感じました。

インプットするにはその目的が大事ですね。能動的なインプットが欠かせません。

インプットの基本法則

インプットとアウトプットは表裏一体の関係にあります。
当然ですがインプットして終わりではなく、それをいかにアウトプットして現実を変えていけるかが重要になります。

アウトプット大全にも書かれていますが、人が成長するには下記の繰り返しが重要です。

インプット→アウトプット→フィードバック→・・・

このフィードバックによって学んだことを再び変えていくために何度も繰り返すことになるのです。

アウトプット前提(AZ)

そして最後に最も伝えたいインプットの質向上に繋がることは「アウトプットを前提にしている」ことです!
アウトプットありきのインプットで精度を高めることが大切です!

後で形に残そうとすると、インプットしている間も「どのように書こう、何を書こう」など頭の中で考えながら要点に絞ってインプットできます。
心理的なプレッシャーもかかり、緊張状態になりノルアドレナリンがどばどば分泌されていきます!

結果的に集中力が高まり、記憶力や思考力、判断力が高まっていくのです!

私も読書は「ブログに記事を書く」ことを前提に取り組んでいます。
また、読書中も気になったことをTwitterで発信しているので、良ければフォローしてください!

ブログは敷居が高いという方には、Twitterなどの無料SNSもいい練習の場になりますので挑戦してみてください!

具体的なインプット方法3選

本記事では、私が特に気になったノウハウを3つに厳選して紹介しようと思います!
80個の中のたった3つになりますので、他の項目も気になる方は是非とも本書を手に取っていただければと思います!

34.メモを見直す

こちらは前田祐二さん著の「メモの魔力」に近しいものを感じました。
記録のためのメモではなく、知的生産を高めるためのメモです。

人は日々生きている中で、いろんな情報に触れていますが、その中には通り過ぎてしまう情報も多々あるかと思います。
普段から気付きや面白かったことをメモする習慣を付ければ、いざというときに役に立ちます。

上司から「企画書を書いて」と頼まれたときも、いいネタがメモ帳から見つけられるかもしれません!

ここで私事ですが、日頃気になった内容をメモするようにしています。例えばこのようなトピックです!

・新しく挑戦したこと
・面白かった話
・納得した理論
・尊敬する人の特徴

などなど、人に見せるものでもないので、自分が気になったことを書き留めているスタイルです。
他には、記録に該当しますが、美味しかったお店や用語、言われて嬉しかった言葉などもメモしています!

39.美術鑑賞する

私は美術鑑賞が好きではないので、この章は微妙だなと思いながら読んでいましたが、なかなか面白かったので今回選びました。
皆さん、最近美術鑑賞をしたのはいつでしょうか?
私は最近金沢の20世紀美術館へ行ったのですが、芸術に触れあうことってあまりありませんよね。

本書では、美術鑑賞のメリットを多数述べています!

・学力が上がる
・AI時代を生き抜く創造性が養われる
・脳が活性化する
・癒し効果がある
・ビジネススキルがアップする

また、音声ガイドを借りて画がかかれた背景などを理解すると教養にも繋がりますね。

脳が活性化してビジネススキルや学力向上に繋がることが証明されています。
一度、時間を作って美術鑑賞に一人で出かけてみてはいかがでしょうか??

59.コミュニティに参加する

何をするにも自分の成長を望むのであれば、自分と気の合う人達と出会うことが大切です。
趣味にしろ、自己研鑽にしろ、一人でやっていては自己満足に陥りますし、モチベーションの維持も難しいことが多いのではないでしょうか。

職場と家の往復ばかりしていては、素敵な出会いもありません。
交友関係のコンフォートゾーンを飛び出して未知の出会いを探しましょう!
手っ取り早く仲間を作るには「コミュニティに参加すること」が一番です!

【コミュニティに参加するメリット】
・参加者と継続的に繋がれる
・同じ目的・興味・関心を持っている人が集まる
・一緒に成長する仲間を見つけられる
・教えあう・応援し合う関係を作りやすい
・主催者と仲良くなれる
・継続して参加することで、結果が出やすい、成長しやすい
・楽しい!

メリットが山積みですね。
モチベーション維持や自己成長のためにも仲間を作って継続的に努力する環境に身を置くのは素晴らしいことですね!

私も、ブログやYouTubeを一人で取り組んでいるので、ブロガーが集うコミュニティに参加し自己成長に繋げていこうと思います!
これはインプットというよりアウトプットの要素も強いですね・・・!

まとめ

本日の記事では、樺沢紫苑さん著『インプット大全』の感想についてお話してきました。

なんとなくインプットをするのではなく、しっかりアウトプットを前提とした緊張感を持ったインプットが重要ということでした。
何事にも目的をもって臨むと得るものが多くなり自己成長にも繋がります!

今回紹介した内容以外にも多くのチップスが詰め込まれているので、是非読んでみてください!
その内容をブログやSNSにアウトプットしていきましょう!

それでは!