【直前対策】就活でよく聞かれる頻出質問30選【面接が楽になる】

ES・面接

こんばんは、takasunです!

5月も終わりに近づいてきましたね。
経団連ルールを守っている企業では、6月に入るとともに面接が始まります!

本日の記事では、就活でよく聞かれる頻出質問についてお話していきます!
面接を控えている学生は必読です!

この記事では、以下の就活生たちの悩みを解決します!

男性
就活生
面接が不安で不安で仕方がないです。
自分の言葉でうまく説明できるかも分からないし・・・。
この不安な気持ちはどうすればなくなるんだろう!!

この悩みは私もずっとありました。
一番の克服方法は「慣れ」だと思います。面接で場数を踏むにつれて面接に対する苦手意識は減っていきます。
他には、面接でよく聞かれる「頻出質問」をおさえることも重要だと思います。

よく聞かれる質問にうまく答える練習をしておけば、面接が少し楽になるに違いありません!

ではいってみよー!

就活でよく聞かれる頻出質問30選

それでは早速、就活でよく聞かれる頻出質問を取り上げていきます!
大きく4つのカテゴリに分けることができると思っています。
それ以外でも重要だと思った「その他」を加えた5カテゴリとしてお送りしていきます。

・志望動機編
・ガクチカ編
・自己紹介編
・研究内容編
・その他

志望動機編

志望動機。これを聞かない企業はありませんよね。定番中の定番です。
面接を受ける前にESでも書いているわけなので、面接だからと身構える必要もないように思います。

ただ、ESで書いた内容を話せるか。また、文字では表しきれていない部分である「行間」を話すことが大事です。
話す必要はないかもしれませんが、深掘りされたら話せるように準備しておきましょう!

・志望動機を教えてください
・この業界を志望する理由はなんですか
・入社後にやりたい仕事はなんですか
・弊社でのキャリアプランについて教えてください
・弊社は第一志望ですか
・他社の選考についておしえてください
・あなたの専門性は他社にも活かせるがどうして弊社を受けましたか

やや難しい質問も含んでいますが、一次面接から最終面接までの間に少なくとも半分は聞かれるのではないでしょうか。

ただ単に「入社したい!」という願望だけではなく、入社してどう社会人として成長していきたいかもよく問われます。
また、企業もお金を稼がなければやっていけないので、「あなたは何を強みとして貢献してくれますか?」という質問もしてくるところがあります。

志望動機の答え方としては、以前の記事でも紹介しています。

【ESの書き方】志望動機は「業界⇒企業」の順に絞って書くべき理由
こんばんは、takasunです! 本日の記事では、説得力が高い志望動機の書き方についてお話していきます! この記事では、こんな悩みを解消します! 就活生 志望動機の書き方が分からない・・・。 ツッコミどころ満載...

話し方のコツとしては以下のとおり。

・その業界を選んだ理由
・その企業を選んだ理由
・入社してからやりたいこと
・私だからできること

という順に話していけばうまくまとまるのではないでしょうか。
最後の「私だからできること」が話せれば説得力も増しますし、周りと差別化もできると思います!

ガクチカ編

こちらも定番ですね。学生時代に力を入れたことです。
ESでも必ず聞かれる内容なので、こちらも行間を話せるようにしておくことが大切です。

・学生時代に頑張ったことはなんですか
・リーダーシップを発揮した経験はありますか
・あなたの立ち位置とあなただからできたことを教えてください
・それを行う上での困難と乗り越えた方法を教えてください
・そこで学んだことは入社後どのように活かすことができますか
・チームワークで何かを成し遂げたことはありますか
・他のメンバーと意見が合わなかったときどうしますか

この質問のポイントとしては「チームで」頑張ったことと、「個人で」頑張ったことの二種類を用意しておくということです。
これは私の所感ですが、ガクチカでは「チームで頑張ったこと」を企業側は重視しているように思えます。

その理由は簡単で、会社はチームで働くからです。
個人で頑張れることも大切ですが、組織でどのような役割を担って頑張るのかも言えるといいですね。
リーダーシップを発揮するのが得意なのか、縁の下の力持ちなのか、周りを見渡せるほど視野が広いのか。

自分の立ち位置を明確にした上で、どのように周りにアプローチできるかも語れるとベストですね!
正直このあたりは正解はないと思います。

自己紹介編

こちらも必ず聞かれる質問たちとなっております。
自己紹介は面接のはじめにアイスブレイクの意味も込めて質問されることが多いと思います。

・自己紹介をしてください(自己PR)
・あなたの長所と短所を教えてください
・ストレス発散法を教えてください
・周りからどのように思われていますか
・趣味と特技はなんですか
・あなたの長所は弊社でどのように役立ちますか

自己紹介は嘘をつかないことがポイントです。・・・当たり前ですかね(笑)
就活では0を1にするとすぐにバレてしまいますが、1を100にして話すのであれば問題ないと思います。

これらの質問からは、あなたの人となりや、どういう人物なのかを見る目的があります。
等身大の自分をアピールしていきましょう。

そのときに重要なのは自己分析です。
しっかり自分が得意なこと、苦手なことをはじめ、周りからどう思われがちか、なども含め考えておく必要があります。
一度大まかにでも考えておけば、どのような質問がきても受け答えすることはできると思うので是非やりましょう!

研究内容編

私は理系大学院出身なので、こちらは不可欠だと思いチョイスしました。
皆さんの専攻によって聞かれることは違うと思いますが、要はあなたが大学で学んできた専門的な内容に関する質問です。

・研究を教えてください(ゼミ活動)
・新規性はなんですか
・その研究は社会にどのように役立ちますか
・研究で壁に当たったときどのように解決しましたか
・その研究の課題とあなたのアプローチ方法を教えてください

受ける企業によっても違いますが、専門的内容を深掘りされることが多いです。
更にやっかいなのが、専門用語で話そうとすると、すぐ「え?どういうこと?」という顔をされます(笑)
深い内容を聞いておきながら専門用語を知らないというのは辛いですね。

しかし、ビジネスでは「簡単な言葉で説明し納得してもらう」能力が求められるのも事実です。

友人や親など、身近な人に理解してもらえるくらい簡単に話せるようにしておくのがBESTでしょう!
よく言うのが、小学生でも理解できるくらい分かりやすく説明しましょうということですね。

難しいですが、重要です。

その他

これまでのカテゴリには属しませんが、わりとよく聞かれる質問ということでピックアップしました!

・最後に何か質問はありますか
 ・最後に何か言い残したことはありますか
・挫折や失敗談について教えてください
 ・挫折はどのように乗り越えましたか
・就活の軸はなんですか?

逆質問や、挫折談、就活の軸。これらは本当によく聞かれます。

特に挫折談ですが、これは経験したことがないという人も多いと思います。
私もそうでした。小さい失敗は多くありますが、人生の分岐点では挑戦するよりも無難な方に行くと大きな挫折を味わわずに20数年間生きてきてしまいますよね。
これは別におかしいというわけではありません。むしろ、自分自身をよく知り良い決断を重ねてきた結果だということもできますよね。

挫折の経験に大小は必要なく、小さな挫折であっても題材としては間違いではありません。
企業側はむしろ、その挫折に対してどのように乗り越えてきたかのほうが興味があります。

そのあたりを上手く話せればいいですね!

復習:面接に対する心構え

ここまで、実際に面接で聞かれる頻出質問を挙げてきました。
これらの質問に自信満々に答えることができれば、あなたの就活力は相当高いといえるでしょう!

もちろんペラペラと喋れる必要はありません。ゆっくりでも自分の言葉で的確に相手に伝えていければOKです!

そのためには、「軸を持つこと」と「自己分析」ができていることが重要になってきます。
この2つはほとんど同じ意味かもしれませんが、「自分の幹となる考え方」を持った上で質問に対する答えを考えましょう。
それができれば、一貫性のある人物として高く評価されますよ!

本ブログでは、面接に臨むための考え方をいくつか記事にしているので、そちらも参考にしてみてください!

【ESの書き方】志望動機は「業界⇒企業」の順に絞って書くべき理由
こんばんは、takasunです! 本日の記事では、説得力が高い志望動機の書き方についてお話していきます! この記事では、こんな悩みを解消します! 就活生 志望動機の書き方が分からない・・・。 ツッコミどころ満載...
【NG行為】面接で失敗する人の特徴3選!【内定が出ない理由とは】
こんばんは、takasunです! 本日の記事では、面接で失敗する人の特徴についてお話していきます! この記事では、こんな悩みを解消します! 就活生 面接がなかなか通過しない・・・。 ESの内容には自信がある...
【企業も重視】面接は熱意の伝え方が重要!【具体的な方法も説明】
こんばんは、takasunです! 本日の記事は、面接では熱意を伝えることが重要というテーマで話していきます! この記事では以下の考えを改めます! 男性 面接なんて簡単だよ。 聞かれたことに対して受け答えするだけ...

まとめ

以上です!
本日の記事では、就活でよく聞かれる頻出質問30選についてお話してきました!

まとめると、大きく4つのカテゴリに分けることができました。

・志望動機
・ガクチカ
・自己紹介
・研究内容

このカテゴリに含まれない質問や、「なんやその質問」と思わず叫んでしまうような変わった質問だってあります。
この記事を読んでも、まだ面接が不安だと思う方は以下の記事を読んで更なる対策を立ててみてください!

実際に受けた変わった質問4選【軸からぶれずに回答しよう】
こんばんは、takasunです! 本日の記事では、私が実際に受けた変わった質問4選と題してお話していきます! この記事では、こんな悩みを解消します! 男性 変な質問きたらいつも通り答えられるか不安だ・・・。 具...

また、冒頭でも述べたように、頻出質問をおさえておくことは面接でうまくいくために必要不可欠なことです。
変わった質問にうまく答えられなくても落ち込む必要はありません。
そこでアタフタしてしまっても、定番質問に自信を持って受け答えできていれば「しっかり考えている学生」と思ってもらえます!

むしろ個人的に思いますが、変わった質問に完璧にスラスラ答える学生がいたら怖いです。。

自信を持って答えられる質問を徐々に増やしていきましょう!

コメント