【新卒】企業選びで失敗する人の3つの特徴【3年で3割離職】

スポンサーリンク
就活考え方
スポンサーリンク

こんばんは、takasunです!

本日の記事では、企業選びで失敗する人の3つの特徴についてお話していきます!

男性
就活生
企業の選び方?
あまり決めていないけど正直どこでもいいや!
大企業であれば幸せだろうし!

・・・はい。
このブログに辿りついた方は確実に意識の高い優秀な人であるはずなので、こんな考えの人はいませんね。
ここでは大企業を例に挙げましたが、大企業が悪いと言っているわけではありません。

何も考えない浅はかな気持ちで企業選びをすると後悔しますよってことです。
本日は失敗しない企業選びの方法についてお話していきます!

スポンサーリンク

長く幸せに勤めるためにも企業選びは大切

企業選び

皆さんも下記の文言を目にしたことがあるかと思います。

3年で新卒の3割が離職する

私は今年で社会人2年目ですが、周囲では既に何人か離職してしまいました。
3年で3割は少し言い過ぎかもしれませんが、早い段階で離職を選択する人が多いことも確かです。

そこには人間関係や仕事内容など様々な理由があると思いますが、一生懸命就活を行い入社できたのに辞めてしまうのは勿体ないですよね。
離職することなく、長く幸せに勤めることができる会社を探すのは大切です。
そのためにもよく考えて後悔しない企業選びをしましょう!

企業選びを失敗する人の3つの特徴

企業選び 失敗

特徴1.とりあえず大企業に入る

「とりあえず有名な企業に入って周りからチヤホヤされて承認欲求を満たしたい!」
という思いで名前が通っている有名大企業に入社を決めるのは危険です。

何を隠そう、私も正直この発想に近い思いで入社を決意しました。
※実際はインターンシップを経験していたためデメリットも承知の上で入社しました。

大企業では仕事の内容が事細かに分裂しています。
IT企業で例えると、あるプログラムのある一部の処理を専門に担当している人がいたりします。

入社前はもっとバリバリプログラムを書くぜと意気込んでいたにも関わらず、ふたを開けてみたら超地味なことしかやってないと思うことも。
入社前から考えていたような「やりたい仕事」ができないかもしれません。

他には、大企業故に残業も多く出世競争もあり・・・。
自由に時間を使うこともできず、仕事をこなす中で消耗していき気分が落ち込んでいく人もいるかもしれません

これに関しては本当に人それぞれで、その環境でも楽しんで仕事ができる人がいることも確かです。

私も、周囲の優秀な方々に囲まれて日々刺激をもらいながらなんとか仕事をしています(笑)
職場の雰囲気や空気を知らないまま入社してしまうとイメージと違いすぎて離職を決意してしまうことも考えられますね。

特徴2.得意なことが活かせない企業に入る

得意なことが特にないという方は、「苦手なことが多い企業に入る」と訳していただいてもかまいません。
つまりどういうことかと言うと、興味のないことをしている企業に入ってしまうことです。

・よく分からない商品を売っている企業で営業を担当する。
・数学大嫌いなのにプログラマーとして就職する。

など。一日の大半を嫌なことに注ぎ込むと、必ず続きません。後悔します。

しかし、好きなことを仕事にしろとは言いません。それはそれで好きなことを嫌いになるかもしれませんしね。。

せめて嫌いではなく苦手ではないことを仕事にするのがいいかと私は思います。

・人前で話すことは苦手ではないため営業を担当する。
・数学は割と得意なのでプログラマーとして就職する。

など。たとえイメージと違ったとしても、苦手なわけではないのでなんとなく続くかもしれません。
それが徐々にやりがいへと変わって好きな仕事になっていく可能性だってあります。

特徴3.地元から離れた企業に入る

これまでの特徴とは少し毛色が違うものですが、私が一番書きたかったものでもあります。
私の経験上、この要素も離職のひとつの原因になっているのではないかと思います。

同期とごはんを食べている中でも、「地元に帰りたい」「こんな田舎にずっと住むのは無理」などなど。
意外と地元から離れた場所に就職するのはよろしくないかもしれません。

就活中は、場所など特に気にならないかもしれませんが、社会人生活にも慣れてきたころその不便さを思い出すかもしれません。
転勤が多い企業に入ることも同様にリスキーですね。

今後、子供ができ幸せな結婚生活を送る中で転勤族になってしまうと家族に負担を負わせるかもしれません。
もちろん悪いことばかりではありませんが、あなた自身がどのように生きていくかを考える上では大切な要素です。

【回避策】インターンを経験しよう!

企業選び インターンシップ

就職活動だけではその会社が自分に合うかどうかを見抜くことは難しいですよね。
よく人を見て決めたという方もいますが、たまたま就活で出会っていた人が馴染みやすい人だっただけで、入社してみたらイメージと違ったということにもなりかねません。

インターンシップは、学生・会社双方にとってミスマッチを無くす良い活動だと思います。
社会人になったらどういう仕事をするのか知るためにもいい機会です。

21卒の方々も夏は逃してしまったとしても冬のインターンシップがあります。
できるだけ長期かつ職場配属されるインターンシップに参加してみましょう!

入社してイメージと合わなかったでは遅いです!

私は1か月間インターンシップに参加していたため、入社してからイメージが違ったという事態を防ぐことができました。

有名企業でなくても活き活きとできる環境が整っているかもしれません。逆もしかりです。
ネットや人事などの意見に絶大的な信頼を置くと後悔するかもしれません。
ぜひ時間をとって職場の雰囲気や空気感を肌で感じ取ってください!

まとめ

本日の記事では、企業選びで失敗する人の3つの特徴についてお話しました。

あなたはいくつ当てはまりましたか?

何度も言いますが、あなた自身が納得した上で選ぶのであれば問題ありません。
ただただ何も考えずに企業選びをすると、3年までに辞める3割の人になってしまうかもしれませんよという忠告でした。

誰もやめたくて入社する人なんていませんからね。
少しでも充実して長く働くためにも一度自分を見つめなおす機会にしていただけたらと思います。

では!