【理系大学院生】1dayインターンシップに参加し後悔したこと3選

就活考え方

こんばんは、takasunです!

本日の記事では、「理系大学院生が1dayインターンシップに参加して後悔したこと」を赤裸々に語っていこうと思います!

この記事では、こんな悩みを解決します!

就活生
就活生
就活解禁に向けて行動しておくことが大切だよな。
焦りも感じるし、とりあえず短期インターンシップにでも参加してみるべきかな?

私の考えを、結論から申し上げますと、1dayインターンシップは時間の無駄である場合が多いからやめたほうがいいです。
「何かやらなきゃ」と焦る気持ちは分かりますが少し冷静になりましょう。
誤解がないように言いますが、もちろんタメになる場合もありますよ!目的次第だとも思います!

なお、タイトルからも分かる通り、本日は1dayインターンシップに参加して「後悔」したことにフォーカスを当てて書いています。
おまけとしてよかったこともチラっと載せていますが。

少なくとも私は、今振り返ってみると後悔したと思うことが多いです。
1dayインターンシップに参加するより、「第一志望の企業を調べる」、「ESを書いてみる」、「面接練習をしてもらう」、「先輩の話を聞く」ということに時間を使った方が賢いのではないでしょうか。

また、前提として、私自身、理系大学院出身のため、多少皆さまと置かれる立場は違うかもしれませんが、広い視野で見た時の後悔を載せていますのでそこは共通かなと思います。

後悔したこと3選

後悔

それでは早速、私自身が1dayインターンシップに参加して後悔したことについてお話していきます。

結論から申し上げると後悔した理由は以下3点となります。

後悔1.交通費などは自腹
後悔2.職場の雰囲気が味わえない
後悔3.なんの特典もない企業説明会みたいになってる

私は1dayインターンシップ以外にも、1か月程度の長期インターンシップにも参加しました。
インターンシップへの参加目的は人によって異なるとは思いますが、「職場の雰囲気を知りたい」「選考に直結する方がいい」という考えをお持ちの方には1dayインターンシップはオススメできません。

就活解禁前に焦って1dayインターンシップへ参加しましたが、見事に私の期待は裏切られました。
これに関しては目的を履き違えた自分のミスでもありますが、私と同じような思いの方が同じような失敗を味わわないためにも赤裸々に綴っていきます。

後悔1.交通費などは自腹

企業にもよりますが、大体は自腹での参加となります。
私はIT関係の1dayインターンシップに3社ほど参加しましたが、どれも交通費が払われることはありませんでした。

他の友人に聞いてみても、ほとんどの企業が自腹とのことでした。
そもそも就活で交通費が支払われるのは、本番の最終面接くらいかもしれません。当たり前ですかね。。

私は、大阪1回、東京2回とわりとお金を使ったんじゃないかと思います。
そのリターンとして得るものはほとんどありませんでした。

ただ、夜行バスで東京に行き、インターンシップに参加し、東京の街を楽しみ、ルミネで漫才を見るという1日は非常に濃かったです(笑)

旅行がてら息抜き、ということであれば行ってみてもいいかもしれません!

 

後悔2.職場の雰囲気が味わえない

1dayインターンシップに参加して一番後悔したことはコレになります。

大体の1dayは、その企業がフリースペースのような場所を借りて開催します。
企業の本社の会議室などで行われることはまずありません。

私は、先ほども述べましたが以前1ヶ月ほどに及ぶインターンシップにも参加したことがあります。雰囲気は全く違いましたね!

そこでは、実際に職場に入って社員の方々の協力を得て1つのテーマに取り組むというものでした。
会社の文化や、大勢の社員さん、提携している企業の社員さんなど、多くの人やものに触れられるので実際に働いているイメージが掴みやすかったかなと思いました。

それと比較して1dayでは、会えるのは人事部2,3人程度だと思います。
優秀であれば名前を覚えてもらえるかもしれませんが、まぁ、選考にはあまり関係ないのではと思います。

 

後悔3.なんの特典もない企業説明会みたいになってる

これで、1dayインターンに参加してくれたから説明会免除、ES免除、早期特別面接のフローで参加できるよ!
というような特典があればウハウハですがそんなことはありません。

ただ朝早くから集まり、グループワークをこなし、その企業の説明があり、いついつからエントリー開始です、よろしくねーで終了します。

別にそんな企業の説明は、3月以降嫌でも受けなきゃいけないので、わざわざ足を運んでまで予習する必要はないと思います。
最悪、企業のHPに載っている情報ばかりだと思いますし。

ただ、就活解禁前にそのような情報を得てモチベーションを上げるには非常に有益な時間ではあると思います。
目的次第ですね。

本当に就活を何から始めればいいか分からない、自信がないという方は、自分の意識を変えるという面では1dayインターンシップも効果があると思います!

 

おまけ:良かったところ

良かった

後悔だけでなく、得るものがあったのも事実です。

私が参加した企業の1dayインターンシップでは、グループワークがありました。
とある通信会社のインターンシップでは以下のようなお題が与えられました。

携帯ショップ○○店はこのような現状です。
しかし、もっと○○をしたいと会社の方針が決まりました。
さぁ、どうする?

これをグループ毎にいくつかのステップを踏んで答えを考え、発表という流れです。

本選考にグループディスカッションを課す企業は多くあるので、その練習にはなると思いました。
自らの立ち位置を確保し、発言したりまとめたりする力はつきますし練習にもなります。

あと意識の高い学生と繋がれます。
就活解禁前から動いている行動力のある学生と繋がることは刺激になりました。
連絡先を交換して終わってしまうかもしれませんが、モチベーションアップのためにもその縁を活用したいところですね。

 

まとめ

本日の記事は以上です!
私が後悔したことをまとめると以下のようになります!

後悔1.交通費などは自腹
後悔2.職場の雰囲気が味わえない
後悔3.なんの特典もない企業説明会みたいになってる

いろいろ1dayインターンシップに対して否定的に語ってしまいましたが、これはあくまで私が参加した3社の経験談を基に語っています。
当然ですが例外もありますので、参考までにとどめておいていただければ幸いです!

他の企業では、もっと面白い試みや、選考に有利になるものがあるかもしれません。
そこは、しっかり行く前に調査して自己責任でお願いします。

「インターンシップに参加することで就活を少しでも有利にしたい」という目的だと、拍子抜けすることがあるかもしれませんのでご注意ください!

就活がまだ来年という方は、ぜひ今の内から期間が長いインターンシップを狙ってください!
長期インターンシップでは、そのまま採用に繋がるケースが多いので参加する価値はありますよ!

コメント